日射病(熱射病)
暑い夏が訪れると屋外スポーツの機会が多くなります。炎天下で帽子や衣服をつけずに運動や競技をしたり、遊んでいると日射病にかかることがあります。

一般の人のいう日射病の多くは熱疲労であって、本当の日射病は割に少ないものです。

熱い場所で運動して体温が上昇しかけると、脳にある体温調節中枢が働いて汗が出ます。汗の蒸発熱(気化熱)によって体温の上昇を防ぎます。発汗が激しいと水分や塩分が体から失われるので、それを補わないと熱疲労が起こります。血液が濃縮し脳貧血症状を起こし、めまい、頭痛、血がひく感じ、嘔気を訴え、顔色は青白く、皮膚は汗でべっとりしひんやりしていて、脈は早く微弱です。

手当としては、暑い場所より涼しい所に移して頭を低くして寝かせる、呼吸しやすいように衣服をゆるめる、うすい食塩水を与えるなどを行います。

本当の日射病は、日射あるいは熱のために体温調節中枢が消耗した状態で、発汗はストップして、めまい、頭痛を訴え、顔色は赤く、肌はさらさらと乾燥し熱っぽく、体温は41度位になり、意識はもうろうとし、時には痙攣を起こします。脈は早く大きくふれます。重症な時には死亡することがあります。

手当としては、涼しい場所に移す、衣服を脱がせる、物理的に水や氷で、あるいは扇風機などで体を冷やして体温を下げます。熱疲労より重症なので救急車で病院へ送って治療をお願いします。

真夏に運動する時には、水分だけでなくうすい食塩水をとるようにし、気分が悪くなると早めに涼しい場所で体を休めるようにし、帽子や衣服は必ずつけるようにしましょう。