岡山県眼科医会
ホームリンクサイトマップ
救急を要する目の病気
県民の方へ
お知らせ
目についての健康情報
コンタクトレンズ
コンタクト処方箋発行ルール
オルソケラトロジー豆知識
レ−シック豆知識
医療機関情報
岡山県立岡山盲学校
ロービジョンケア施設
当会について
岡山県眼科医会概要
役員一覧
会員向け情報
行事予定
学会・研究会予定
眼科医会広報資料
新入会員の方へ
災害掲示板
教育関係者向け情報
眼科豆知識
教育関係者向け資料

救急を要する目の病気

1.当日受診が必要な目の病気

1)外傷

  1. 目の外傷(特に眼球が切れたり、裂けたりした場合)
  2. 目にアルカリ、酸等が入った場合(浴室洗剤、バッテリー液等)
    *必ず5分間以上流水で洗顔して受診してください。

2)緑内障発作  視力低下、瞳孔の拡大、頭痛、眼痛が強く嘔吐したりする場合
3)突然の視力低下 (特に眼に血液を送っている動脈が詰まった場合)

2.今すぐではないが、なるべく早めの受診が必要な疾患

 急に黒いものが無数に飛び出したとか、視野の一部がしだいに見えにくくなってきた等の症状がある場合。 これは網膜剥離といって、目の中の網膜(目をカメラにたとえるとフィルムにあたる場所)が剥がれてきている可能性があります。

3.重症ではないが、痛みのため救急受診が多い疾患

1)まぶたの裏とか黒目の上に何か異物が入った場合
2)紫外線によって、あるいは溶接の光を見て黒目に傷がついた場合
3)コンタクトレンズによって黒目に傷がついた場合

4.明日まで待てる疾患

1)白目がぷうっと膨れてきて、水ぶくれのような状態になった場合
2)痛みが無く、見え方にも変わりが無いのに、白目が真っ赤になり、うさぎの目のようになった場合

5.その他

突然に物が二つに見える、急なまぶたの下垂、瞳孔の広がり等は脳外科の緊急の病気が考えられますので、脳外科受診をお勧めします。

 

以上は三嶋、塚本氏による分類を参考にさせていただきました。詳しく知りたい方は、下記アドレスにリンクして下さい。
http://www.hiroshima.med.or.jp/kenkojoho/booklet/03/book001.htm

 

以上を目安にして、適正な受診にご協力下さい。 診察後に、必要な場合は、後方病院にての検査、治療、入院等をアドバイスさせていただきます。

 

 
Copyright (C) 2007 Okayama Association of Ophthalmologists.All Rights Reserved.