岡山県眼科医会
ホームリンクサイトマップ
救急を要する目の病気
県民の方へ
お知らせ
目についての健康情報
コンタクトレンズ
コンタクト処方箋発行ルール
オルソケラトロジー豆知識
レ−シック豆知識
医療機関情報
岡山県立岡山盲学校
ロービジョンケア施設
当会について
岡山県眼科医会概要
役員一覧
会員向け情報
行事予定
学会・研究会予定
眼科医会広報資料
新入会員の方へ
災害掲示板
教育関係者向け情報
眼科豆知識
教育関係者向け資料

オルソケラトロジー豆知識

オルソケラトロジーとは、寝ている時のみに特殊なコンタクトを装用して角膜を平らに変形させて屈折異常を軽減させ、起きている時にはコンタクト、メガネを使用しないで視力を得ようとする方法です。従来のメガネ、コンタクト、レーザー手術で視力を得る方法とは異なります。

オルソケラトロジーガイドライン−日本眼科学会 《抜粋》

 日中活動時にコンタクト、メガネが使用できない場合、屈折手術を希望しない場合等が対象となります。また、オルソケラトロジーによる長期予後は不確定な要素がありますので、慎重に適応を選択する必要があります。

処 方 者

日本眼科学会認定眼科専門医であり、日本眼科学会指定のオルソケラトロジーレンズ処方講習会、輸入販売業者が実施する導入時講習会の両者を受講して証明を受けた人。

適  応

I) 年齢
本人の十分な判断が可能で、親権者の関与を必要としない趣旨から20歳以上の方を原則とします。

II) 対象 安定している近視、乱視の方

III) 屈折矯正量
中程度の近視(−1.0〜−4.0D以下)、乱視(−1.5D以下) 

IV) 目の病気が無い健常な目でかつ、涙の減少が無い目、角膜内皮細胞の減少が無い目

禁忌または慎重処方 《抜粋》

禁忌(1)〜(12)

(2) 説明と同意が不可能な方、指示に従えない方
(3) 定期検診が困難な方
(5) 免疫疾患のある方あるいは糖尿病の方
(6) コンタクトレンズの装用によってアレルギー反応を起こす可能性がある方
(9) 重症なドライアイの方
(11) 治療中に車、バイクの運転をされる方

慎重処方(1)〜(2)

(1) 未成年の方
(2) ドライアイ、視力に影響がある薬物治療をうけている方

※詳しい事は、日本眼科学会オルソケラトロジー・ガイドライン(第2版)(PDF : 257KB)でご確認下さい。

 
Copyright (C) 2007 Okayama Association of Ophthalmologists.All Rights Reserved.